2016年1月21日(木) きちんと弾きこむ

歌声喫茶の伴奏を始めたばかりの頃・・・

休憩時間中にBGMでもサービスしようかとショパンのワルツを弾いたが、誰も拍手せず、ガヤガヤ喋りながらお菓子を食べ続けるお客さんを見て、、、
皆は僕(伴奏者)に何を求めているのだろう?と。
始めのうちはこれがよくわからなくて、ミスマッチが続いた。

ミスタッチ無く、上手に弾かなければとばかり努力をしていたが、やっているうちに、そういう事は全く重要で無い事に気付いた。
必要なのは、お客さんが歌いやすい伴奏である事。歌いやすいキーに即座に対応出来る事、、リズムは取りやすく工夫する事、ヘタでもいいからリクエストには初見対応する事。アーティスト感覚を捨てて"伴奏業者"になり切るように心がけたら、雰囲気が良くなった。

伴奏も良いが、やはりソロ演奏も復活させたい今日この頃・・・

歌声喫茶を通して覚えた曲、思い出した曲を、ソロで弾きたい。
あれもこれもと片っ端から、自宅のエレピで弾きまくっているが、そろそろ、
「きちんと弾きこむ」事もしないと、と思った。
歌声喫茶の伴奏の時には全く気にせずにいた事。

今の自分には、これが必要!と直感的に思った。